3月の診療記録(覚書 その20)

2017/04/09 Sun

3月の診療記録です。

お目目は順調に回復。だいぶ見えるようになりました。
膀胱につながる尿管の1つが詰まってしまったため、水腎症になってしまいました。
ですが、食欲もあり、おしっこ(血尿ではない)もちゃんと出ています。

最近のばけちんはご飯の好き嫌いが出てきていて、今まで喜んで食べていた鳥ミンチ+キャベツボール、
かつおぶしはイヤイヤ。手であげれば食べなくはないですが、とても不満そう。

吐き気があるのかな?と思ったのですが、サーモンや牛肉、とり肉はパクパク 
特にサーモンは大好きで、出すと自分でささっと食べます。
カリカリも全部食べているので、単純に気分の問題みたいのなので、ちょっとホッ

3月末から家の中で急にキャッと泣いたりすることが増えています。(病院では腰リンパへの転移は特に言われていません)

とりあえず、草っぱらに出るとランラン走って楽しそうだし、あさんぽでおやつをもらうのをとても楽しんでいて、
不安はありますが毎日楽しく過ごしています。

***

3月1日 かかりつけ再診。血尿、下痢はなし。ただうんちがぽろぽろしていること、おしっこの色味が黄色になってきてること、
     赤い粒が時々見られる。おねしょを2日ほどした。(様子見)おさんぽで、よく走って遊んでいます。エコーなし。
     インターフェロンのみ。
    
3月6日 T病院再診。お目目は問題なし。次回は1か月後でOK。

3月8日 かかりつけ再診。血尿、下痢はなし。うんちぽろぽろは変わらず。おしっこは透明、黄色。ご飯はよく食べて、
      よく走っているので心臓はOK。エコーでお腹側に1個増えたよう。ほかは変わりなさそう。
     止めていたパラディアを3回飲めたことを報告。このまま継続してくださいとのこと。
     おねしょについて。がんの影響でのおねしょは聞いたことがない。その場合は頻尿になるので、どこでも出続けてしまう。
     どちらかというと加齢性?おねしょのタイミングが疲れた日の翌日が多いからストレス?様子見。

3月13日 かかりつけ再診。抗がん剤投与。前回よりBUNの数値が上がっていたため、腎臓のエコーを実施。
     左の腎臓の出口ががんでふさがって来ていて、おしっこがでにくくなったため、水腎症を起こしてしまっている。
     現在は右の腎臓よりも小さいので最近、詰まり始めたと思われる。パラディアが原因?と質問したが、
     わからないとのこと。パラディア、バキソが腎臓に負担がかかる、でも、腎臓の出口をふさぐのを遅らせる効果が
    あるかも?、両方のメリットデメリットを考えたが、今日抗がん剤を入れたので、効き目の強い1週間であれば、薬を切って
    様子見は可能とのことだったので、一旦腎臓に負荷のかかるパラディア、バキソを1週間切ってみて、来週血液検査
    することにしました。
    エコーを2週間おきでOKにしたが、腎臓の様子が見たいので、1週間ごとに戻します。
    今後、詰まった場合は、毒素が排出されず、尿毒症を起こしてしまうため、吐き気が見られたらすぐに病院に連絡の上、
    向かうことになった。その場合は、病院に到着後、血液検査をして手術で腎臓を切除をすることになる。

3月14日 (凛ちゃんドッグドッグ、胆泥はあるものの、様子見でOK、その他は問題なし)
    1日考えたことを確認。バケットの手術は尿毒症を起こしてからでは、体に毒素が回っているので体が弱って
    しまうのではないか?→その通りです。なので、エコーを見て、腎臓が大きくなって来たら切除を考えても良い。
    手術の費用は40万円くらい、入院は1週間くらい。

3月20日 かかりつけ再診。血液検査は前回上がっていた腎臓の数値が下がっていた。バキソとパラディアは再開。
    エコー上は進行している。大きさは前回の3.1cmから3.4cmくらいでもう一つの腎臓と同じ大きさになってきた。
    (前回は小さかった)
    手術はせず、もう1週間様子見をすることに。
    膀胱はかなり腫瘍が大きくなっていておしっこをためづらい状態になっている。
    症状は頻尿(おしっこに行き始めると何度も行く。うんちがなかなかでず、出ても細くてゆるめ。(お腹もゴロゴロしている)

3月26日 かかりつけ再診。食欲おしっこうんちは変わりなし。エコー上は進行している。大きさは前回の3.4のままだが、
    大丈夫な方が3.4から4.4に大きくなっており負荷がかかっている。水腎症の腎臓はほぼ機能していない。
    腎臓を温存した場合、1か月が限界。ただし、手術後、体力の低下と病気の進行が考えられるので、手術は早めず、
    今、落ち着いているなら様子見をする。ただし、1か月以内には、吐き気や数字の変化など変化が出るだろうと考えられる。
    膀胱もかなりがんが大きくなっているので、手術をしても治るまでにがんが進行してしまい、バケットの最後の時間が
    痛いまま過ごすことになってしまう可能性があることを確認。


     
関連記事

テーマ : パピヨン
ジャンル : ペット

コメント

Secret

プロフィール

バケット&凛ママ(HARU)

Author:バケット&凛ママ(HARU)
毎日出稼ぎに行きます。
腰痛首痛が日々の悩み。

パパ
ばけ&凛のお世話 兼 写真担当 兼 運転手 兼ダメダシ係です。
口癖「もっといい写真があるのにぃ」

バケット(Baquette)
パピヨンの男の子です。
2004年12月31日生まれ
マダムパピヨン犬舎出身
好きなもの 果物、ヨーグルト、ブル足
性格 おっとり&びびりー&ママっこ&ちょっと変な子です
最近ちょっと自己主張を覚えました。

凛(りん)
パピヨンの女の子です。
2009年2月22日生まれ
マダムパピヨン犬舎出身
好きなもの 口に入るもの全て
性格 内弁慶!兄ちゃんには絶対負けません!!(笑)
街中ではどんよりします。野生です。

マックス(MAX)
パピヨンの女の子です。
1998年7月13日生まれ(うちの長女です)
2009年4月15日お星様になりました。
人の言葉を相当理解します。
超パパっ子。
バケットの教育係です。バケットは全て彼女がしつけました!
我が家のパピヨンLOVEに火をつけた伝説の存在。

いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツリーコメント
カウンター
今何時?
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム