治療記録8月 (覚書 その13)

2016/10/01 Sat

ばけちんの膀胱がんの治療記録8月分です。


8月7日 かかりつけ再診。おしっこを直前にしてしまったため、エコー失敗。

8月9日 かかりつけ再診。3時間ほどおしっこをためてくれたため、頭側にもう1つあることが判明。(見えなかっただけ?)
     もとからあった2つに大きさに変化なしのため、コントロールは出来ている。
     手術については、可能だが難しい。そうとう膀胱を切り取らねばならないため、回復も時間がかかります。
     先生が学会でがんの専門医と会えたので教えていただいた抗がん剤(有効率35.4%ミトキサントロン)
     について説明を受ける。抗がん剤については、今すぐ必要なものではないので、すぐでもいいし、2-3か月
     様子を見ても良い。(1週間ずつ様子を見てがんのスピードを見てから決めてもよい)
     1日2回のバキソは必ず続けること。
     ・このがんについては、おしっこさえ出れば問題はない。コントロールして共生することを目指してください。

8月16日 かかりつけ再診。大きくなるなどの変化はなし。ハーブ、VC、タウリンのサプリを追加したい旨連絡、OK。

8月20日 かかりつけ再診。元院長と一緒に見てもらう。
      元院長はこのまま様子見でなく、1か月以内に何らかの手を打った方がよいとのこと。

8月22日 院長(このまま様子見)と元院長(早く手を打つべき)の意見があまりにも違っていたため、
      予約を取って、私達だけで先生と話し合い。
      グレードについては、筋層まで浸潤していて、いつ転移してもおかしくない状況(知りませんでした)
      現在の症状の出ていないバケットに負担をかけない治療を選択していること。
      少しでも進む気配があったらすぐに抗がん剤をスタートすること。(先生がGOを出し次第)
      人間の膀胱がんの尿路変更術にはいろんな種類があるが、犬にはないこと。
      今までの横断面のエコーだけでなく、前院長が見せてくれた縦断面も見せてくれるよう依頼。

関連記事

テーマ : パピヨン
ジャンル : ペット

コメント

Secret

プロフィール

バケット&凛ママ(HARU)

Author:バケット&凛ママ(HARU)
毎日出稼ぎに行きます。
腰痛首痛が日々の悩み。

パパ
ばけ&凛のお世話 兼 写真担当 兼 運転手 兼ダメダシ係です。
口癖「もっといい写真があるのにぃ」

バケット(Baquette)
パピヨンの男の子です。
2004年12月31日生まれ
マダムパピヨン犬舎出身
好きなもの 果物、ヨーグルト、ブル足
性格 おっとり&びびりー&ママっこ&ちょっと変な子です
最近ちょっと自己主張を覚えました。

凛(りん)
パピヨンの女の子です。
2009年2月22日生まれ
マダムパピヨン犬舎出身
好きなもの 口に入るもの全て
性格 内弁慶!兄ちゃんには絶対負けません!!(笑)
街中ではどんよりします。野生です。

マックス(MAX)
パピヨンの女の子です。
1998年7月13日生まれ(うちの長女です)
2009年4月15日お星様になりました。
人の言葉を相当理解します。
超パパっ子。
バケットの教育係です。バケットは全て彼女がしつけました!
我が家のパピヨンLOVEに火をつけた伝説の存在。

いくつになったの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ツリーコメント
カウンター
今何時?
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム